2016フランス イケメンパワー(20)

2016.08.31.00:23

皆さま こんばんは♪

本日から、怒涛の「はるっちさんコメントラッシュ」に大慌ての
うさぽんですが、またまた思い出しながら楽しみがこみ上げてまいります

さて、パンテオンにはちょっとしたお土産ショップもあって、地味な
お土産買って喜んだりしました。

ここで、Tairaさんは、例のイケメンとの待ち合わせ。
シェフの修行中という若者ですが、再会の抱擁をする間もなく、
なんと真っ先に頼んだことが、「写真撮って~」でした。
さぞや驚かれたことでしょう。
手作りお菓子、美味しくいただきました。感謝です (*´ε`*)
一人前のシェフになったら、絶対に行くわ~ (*´ε`*)

イケメンパワー恐るべしという「論より証拠」がこの1枚。
全員、最高の笑顔です。 フォトブックの表紙決定!
8-28 

パンテオンをバックにイケメンを激写!
そして、お二人はパリの街に消えていきました・・・
絵になる1枚じゃ。
8-27 8-29

そしてパンテオン裏にある教会に立ち寄ります。
サンテティエンヌデュモン教会。去年も行きました。
8-25 8-26

街を歩くと、素人画家の姿も。
予定していたレストランはバカンスでお休みでした。
8-30

というわけで、サンシュルピス教会を横目に眺められるカフェで
ランチをすることに。サラダランチを注文しましたが、さっぱりとして
とても美味しかった!
先ほどイケメンとパリの街へ消えていったTairaさんが
彼といっしょに現れて、「あら~」と偶然の再会に驚き。
「パリって狭いのね」とうさぽんは、思ったのでした。
そして、また、街に消えていきました。
8-32 8-33
この後、サンシュルピス教会を見学。
なんだか、どの教会も中が同じに思えてきました・・・・。
8-31 8-34
余裕の行程だと思った、この日。この後は、結構歩きました。
エルベに立ち寄ったら、ランチ休憩中。
しまった!先に寄るべきだったと反省。

結局歩いて、ボンマルシェへ行き、奇跡のメダル教会へ行き、エルベに
戻るという、全て「歩き」にて、行程をこなし、思い思いの買い物を
楽しんで、「最後の晩餐」準備に向けてお召替えのため、ホテルへ
戻ったのでした。 (この間、写真なし!)

エルベで今年うさぽんが購入したバッグの柄をご紹介しましょう。
柄もの好きなところは、シックなREDIAさんと正反対。
ピンクの迷彩柄です。(ショップイチオシの新作)
そして、このバッグの形は右側サンマロの行商人おやぶんの
右肩にのしかかっている、特大サイズのほうです。
前から見ても、後ろから見ても、親分すごい恰好だと感心します。
小さいほうにしとけば良かったか・・・今更、これ見て後悔中だけど。
8-36 8-35

スポンサーサイト

2016フランス パンテオン霊廟めぐり(19)

2016.08.30.22:07

パンテオンドームツアー、大変感動しました。
途中、こんなところも通るのですが、誰か収監されていた時代も
あるんでしょうかね。
8-19

さて、地上階にある「フーコーの振り子」そして、地下の霊廟を
ご紹介致しましょう。振り子を左手で受け止めようとしている図
ここも、撮影スポットか。何度も取り直していたら、白人若手男性2人組が
順番待ちをしてましたっけ。
8-17 8-20

地下にいくと、ついに霊廟見学です。
「し~」お静かにの看板があります。
こんな回廊を奥へ奥へと進んでいきますが、両側に偉人を祀る
お部屋がそれぞれあります。その前には、偉人の紹介もちゃんと
してあります。
お部屋は、有名人は一人部屋。最大10人部屋くらいまであります。
色々調べてから行くと、より勉強になって楽しめますね。
8-22 8-21

事前に調べて興味があったのは、キュリー夫妻。
かなりの偉人、夫婦で一部屋を占有してました。
8-23 8-24



2016フランス 大感動のパンテオン・パノラマツアー(18)

2016.08.30.21:43

皆さま こんばんは♪

早朝、パン屋散歩をした後は、パリ散歩のハイライト「パンテオン」です。

今回、全行程の中でのお気に入りトップ3をお聞きしたところ、
REDIAさんは、再訪箇所も多いため、初めてだった「アミアン・エトルタ・
サンマロ」とのことでしたが、私はパンテオンがかなり上位に入りました
それ以外では、もちろん、アルザス(コルマールもワイン街道の村々も)
サンマロ、エトルタですね~。

パンテオンは、18世紀に教会として建築されましたが、今はフランスの
偉人たちの霊廟になっています。
地下部分に霊廟があり、入場料は6.5€だったかしら。そんな高くない。
そして、ドーム見学はたったの2€追加するだけで、指定の時間に
係員が連れて行ってくれるツアーに参加すれば行くことが可能。

たった2€で、参加が可能で、パリの美しい景色が素晴らしい建造物の
雰囲気の中で、360度楽しめるという、こんな価値のある場所はないと
大感動でした。

パンテオン正面はこんな感じ。10時からオープンです。
正面からだとドームも見えませんが、建物裏側か見るとドームが
はっきりとわかります。
8-8 8-16

係の人が、鍵を開けながらどんどん上に案内してくれます。
メンバーが通り終わると、鍵を閉めて進んでいく厳重ぶり。
この階段を上がると、重々しい円柱が並ぶ素晴らしい空間が出現!
8-9 8-10

ひとり黄昏れちゃって眺めるとこんな感じ(左)
浮かれて眺めるとこんな感じ(右) いずれも大感動!
8-13 8-14

とにかく、360度、かなり少人数で大パノラマを独り占めできます。
どっちを見ても、素晴らしく美しいパリの街を堪能♪♪
私たちは10:15スタート
1日4回くらいあったと思いますが、絶対にお薦めの観光スポットです
8-11 8-12

2016フランス パリの早朝散歩 ポアラーヌ(17)

2016.08.29.21:44

皆さま こんばんは♪

フランス実写版、残すところあと2日となりました。

さぁ、早朝から、はるっちさんご希望のポアラーヌというパン屋さんに
行きます。パン屋さんは朝が早いですからね~

7時過ぎに出発。朝のパリ散歩を楽しみながら歩いていきます。
街の素敵なオブジェとお茶目なtairaさん
そして、たっぷりお買い上げに大満足な、はるっちさん
私もここで、会社のお土産にスプーン型の可愛いビスケットを購入
8-1 8-2

ホテルはリュクサンブール公園の近くです。
公園の中を抜けていきます。お花がすごく綺麗でうさぽん、大興奮
木々の緑も雰囲気あります。前をスタスタ行く3名の後姿をパチリ
8-3 8-4

朝食用のりんごのパイを、公園で優雅にいただきます。
8-5

コーヒーが飲みたいわと、ホテルに一番近いソルボンヌ大学近くの
カフェに立ち寄ります。
いつでも、どこでも恒例のfacebookチェックイン業務に夢中
そしてtairaさん、旅で随所に見かけた「猫に目がない」お姿
愛おしそうにネコの頭をなでなで。
rediaさんとうさぽんは、猫のどこを可愛がったらいいのかさっぱり
わからず、触れません。怖くって・・・。
8-6 8-7
さぁ、これから、ホテルに戻って、パンテオンに行きます。

2016フランス 番外編(2) フォトブック早くも完成♪

2016.08.29.20:28

皆さま こんばんは♪

Tairaさま、マンステール食べ方情報ありがとうございます。
Tairaさんは、そのまま楽しめちゃうんですね。
私もその「臭い」皮で、危険度を試したあと、スパイスなしで
「ねっとり」した奥深いチーズを味わってみたいです。

さて、旅メンバーの皆さま、今週、皆さまのお手元に
正方形の厚紙の郵便物が届いたら、怪しいものだと
捨てたりせずに、勇気を持って開封していただくようお願いいたします。

それは帰国した夜に、うさぽんが、ノリに乗って徹夜して作り上げた
フォトブックでございます。

旅メンバー以外のかたにも、フランスの香りをちら見せ致しましょう。

フォトブックの表紙を飾る写真は、もちろん、その旅でのハイライト
というか、4人がそれぞれ一番美人顔に(マシに?)写っているものが
選ばれたのですが、なんと、Tairaさんのパリの恋人?たいちくんが
撮ってくれたものに決定したのです。
やはり、イケメンの前では、みんなニッコリしたってことか?
青空も美しかったしなぁ~ その他の4人写真で、これを超えるものが
あったか、なかったかを、是非お手に取りお確かめください。
20160829a

そうそう、こんな、ひとコマもありましたね~。
20160829b

ワイン街道の1日もすでにブログにアップ済み~
20160829c

残り2日のパリでの日々は、これからアップですね~
20160829d

もちろん、これ以外に、それぞれの個人頁もありますので、
どんな姿で写っているかお楽しみ下さいませ。
ちなみに、「美肌加工」は、しておりませんので、あしからず~

2016フランス 番外編 うっとりの極致 アンティークポストカード

2016.08.28.23:51

皆さま こんばんは♪

週末って、何をしてても、何もしてなくても、本当にアッという間。
2016フランス実写記録も、あと残すところ2日分になっています。

終わってしまうのが、あまりにも残念なので、
ちょっと、番外編を挿入しちゃいます。
ヴァンヴの蚤の市で見つけたアンティークポストカードで、
一押しの超気に入った1枚を先にご紹介致します。

去年も、ポストカードの周りの縁取りがレースのような美しさに
うっとりしてしまったものですが、これも驚きの繊細さです。

もちろん、このお花は触ってみると、浮き上がっているし、
中の部分は、床が透けているように網目模様です。
うっとりの極致もいいところ。ため息ものですよ~。
2016S-1

2016フランス ワイン街道めぐり【後編】(16)

2016.08.28.09:41

ワイン街道巡り、どんな場所でも、FB活動と郵趣活動も楽しんでいます
7-21 7-22

リボーヴィレでのワインカーヴ訪問。ここでは日本までの発送を
してくれることが判明。皆さん、それぞれ好みのワインを購入!
ここのマダムのお肌があまりにつるつるで綺麗だったので、
ワインの影響かと思い、毎日ワインを飲んでいるのか聞いたところ
運動する時は飲まないし、運転する機会がある時も飲まないって。
そのあと、マダムが席をはずすと、プリンさんが、「私は毎日飲むわ、
運動の時も、運転の時も。あ、仕事の時は別よ」とお茶目な笑顔で
小声で話してくれました。 プリンさん、本当に可愛い!

あ~、ワイン街道は、ワイン畑の景色が本当に美しくてため息が出ます
7-23 7-25

お次は、これまた可愛らしい村、リクヴィルへいきます。
ここも、すごく賑わっていて人気の高さがうかがえます。
時間があまりなくて、一気に駆け抜けた感がありますが、色とりどりな
濃い色彩の家は、この村の特徴。本当にカラフルです。
テラスでまったり、いいなぁ~ 
7-26 7-27

次が最後のワインカーヴ。きりっとした素敵なマダムが登場。
今日は何杯のワインを試飲したのかしら~。
ワイン試飲だけじゃなくて、素敵な村々と車窓の美しさも同時に楽しめて
プリンさんの素晴らしいガイドもありで、すごく楽しい1日となりました。
7-28 7-29

ストラスブールの橋のたもとまで送ってもらい、パリへのTGV出発まで
最後のお買い物に繰り出します。
可愛らしい陶器のお店。はるっちさんが、ラブラブお揃いカップを購入。
ファブリックのお店では、皆さん、興味ある品々をご購入。
7-30 7-31
そういえば、午後からのワイン試飲では、午前中には毎回出たパンが
出てこなくって、お昼抜いたのに、あれ?って感じでしたが、あまり
お腹もすかずにお買い物まで完了。
最後に駅で、ビールで乾杯。
TGVで食べるサンドイッチを購入して、一安心。
そして、パリ着は夜の10時過ぎ。大満足な1日となりました。

2016フランス ワイン街道めぐり【中編】(15)

2016.08.28.09:08

プリンさんは、ドライブしながら次々に色々な情報を英語とフランス語で
案内してくれます。 興味津々でお話を聞いて、車窓を楽しんで
寝ている暇もなく、とっても楽しいドライブです。

小さな村を通り過ぎる時に、ジャム屋さんの前で止めてくれましたが
残念なことに、休憩中でお店が閉まっていました。
お花がとっても綺麗で、素敵な写真がとれました!
7-10 7-11

次がうさぽんが一番楽しみにしていた「リボーヴィレ」という村
本当にとっても可愛らしい素敵な村。目抜き通りにはお店がいっぱい。
ここでランチをとる時間もあるのですが、午後のワイン試飲できっと
パンも出るよねと、観光と買い物に集中しようとお昼抜きに!
7-19 7-17

青空に可愛い家々が本当に映えます。お天気も最高!
7-16 7-15

壁には面白いイラストが!ポストと少年と本。
リボービレは遠景に山と古城があって、この風景がとても素晴らしい!
7-14 7-20

写真左の一番右下の黄色い小さなフルーツがミラベル
「すもも」の一種だそうです。
名物に疎いうさぽんは、昨日コルマールで皆さまのマネをして
ミラベルのジャムを購入したので、ミラベルが何か気になっておりました

右は、満面の笑みのREDIAさんですが、名物のマンステールチーズ
真空パックにして売ってくれるので、3つほど購入。
後で知ったけど、このチーズ、強烈な臭いが特徴らしく、帰国後
いち早く開封したREDIAさん、雑巾の匂いとか、トイレの匂いと
言われ、恐ろしくて開封が出来ない「うさぽん」なのです。
Tairaさん、はるっちさん、どうやって楽しんだらいいのか、
教えて下さ~い。
7-18 7-12
ワイン街道巡り、まだまだ続きます。

2016フランス ワイン街道めぐり【前編】(14)

2016.08.28.08:32

皆さま おはようございます。
台風の影響で、土日とも厚い雲に覆われた、しかし、涼しい週末となっておりますね。

フランス旅日誌は、後半も後半。残すところ、あと3日となってきました。
ストラスブール泊の翌日、本日は「ワイン街道プライベートツアー」に
出かけます。

1日車でワイン街道を走りながら、ワインの作り手を4カ所ほど訪ねて
試飲を楽しみ、また、アルザスの有名な美しい村の散策を楽しむという
結構欲張りなコースとなっており、とても楽しみにしておりました。

まずはホテルの朝食。ブッフェスタイルなのですが、うさぽんの目に
飛び込んできた驚きの品が、「泡」
おぉ~、朝からスパークリングが楽しめるなんて!流石4つ星ホテル
クレマンというアルザス地方のスパークリング♪♪
フランス旅で朝から泡って、初めての出来事に大興奮です。
7-1

今日の専属ガイドさんは、こちら、すごく美人のプリンさん
明るく爽やか、しかもテキパキしていて、とても素敵な人。
右は最初に訪ねた家族経営の小さなワインカーヴ
7-2 7-5
お話を聞きながら、ワインを試飲。つまみにパンなどもいただける。
Tairaさん真剣な眼差しでメモメモ、お勉強。 なかなか美味しい!
Tairaさん、さっそくお買い上げ。
7-3 7-4
車窓からは、こんなに美しい景色が。葡萄畑がずっと続きます。
次も家族経営で先ほどより少し大きめのカーヴ。
お母さまといっしょに、ワインの樽の前でパチリ!
7-6 7-7
こちらは、結婚したばかりの息子さんとお父様。
ここでは、次々に出してくれて10杯も飲みました~ 
7-9 7-8
今日は朝からワイン攻め。だんだん、酔ってまいりましたよ~。

2016フランス 夜のストラスブール(13)

2016.08.27.10:21

それにしてもイベント満載の充実旅行です。
しかも、早朝から深夜まで・・・。毎日恒例の足はボーボーです
旅行前から、筋トレに励んでいたという、はるっちさん。流石です!

大聖堂前で、お土産探し狂想曲・ビール乾杯後、ホテルへ戻り
一休み(仮眠とる人、郵趣する人、お土産整理する人)してから
夕食をとりに街に繰り出します。ホテルは大聖堂前の本当に便利な
場所、予定していたレストランもすぐ近く。だけど、大人気で満席。
夜の街も素敵な雰囲気。夏のストラスブールすごく賑わっています。
6-30 6-31
やっと1つ席が空いているお店を探して、さっそくビールで再び乾杯。
テラス席、周りの喧騒が心地よく、旅を盛り上げてくれます。
6-32 6-33
絶対食べたいとREDIAさんが楽しみにしていた、シュークルートと
タルトフランベ。そしてサラダを注文。シェアして食べるのにほどよい量。
エトルタのシーフードでシェアの量を学習済みで大成功!
6-35 6-36
夜はまだ終わらない。大聖堂の光イベントへ向かいます。
聖堂側面の広場に沢山の人が場所取りして陣取っています。
15分間くらいかしら、結構長い時間、色とりどりの光に聖堂が
浮かび上がり、すごく幻想的な世界へと導かれていきます。
6-37 6-38 
充実の1日がこれにて終了。 ホテルへ戻ります。
地方のホテルは、パリの狭苦しいホテルと違い、お値段も安いうえに、
お部屋も広く、バスタブもゆったり。それが本当に嬉しいです。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

usapon00

Author:usapon00
FC2ブログへようこそ!
ある日突然、郵趣ワールドにはまった「うさぽん」です。風景印、フォルムカードに始まり、ポスクロ、海外ポストカード、アンティークポストカードと、かなりオタクな世界に浸っております。お洒落なフランスポストカードが欲しくて、2014年フランス旅に行ったら、今度はフランスに夢中に。なんせ、昔から惚れっぽかったのです。2015年、2016年、2017年とフランスへ行き、今はひそかに2018年のフランス旅を妄想中。世の中楽しいことがいっぱい。気ままなブログですが、ひと時楽しい時間を共有致しましょう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR