サンラザール駅@上野! 上野と言えば動物園!

2015.10.31.23:25

皆さま こんばんは♪

今年パリでガツガツ郵趣日にサンラザール駅立ち寄ったことはご紹介致しましたが、もちろん、モネが描いた「サンラザール駅」ってどんな風情のあるところなのかと思ってのこと。けれど、駅舎を見る限り現代的な機能美を備えた大きな駅で、モネの描いたサンラザール駅を思い起こすことが出来なかった印象ありました。 

というわけでマルモッタン美術館から、お宝が東京都美術館に遠征してきている「モネ展」でございます。
10月の下旬からは、ついに「サンラザール駅」が登場というわけで、本日上野詣でしてまいりました。 「印象、日の出」が去り、入れ替わりで「サンラザール駅」がやってくるとは、憎いわね。どうして、いっしょに見れないのかしら。 
モネはサンラザール駅を12枚描いているそうですが、今回やってきたのはこちらの1枚でした。 そんなに大きくない絵でしたが、蒸気の表現がもう何とも言えない素晴らしさ!
20151031e

さて、美術館の後は、そうです。上野と言えば、東京のフォルムカードにもある上野動物園! 何十年ぶりに足を運んでみました。パンダはやっぱり大人気。 のそのそ歩いてくれました!可愛いです。
20151031a

お次はゴリラ。これが、なんとも楽しい世界でした。 ボスは本当に大きくて、ずっと後姿ですぐそこにいたのですが、すごい貫禄でした。 写真に写っているのは、ボスの半分くらいの大きさで、子供は更にその半分くらい。 こちらも大人気で、最前列に行くまでが大変。
20151031b

ホッキョクグマがこれまた毛並みがふさふさで、水中での泳ぎっぷりが、頼もしいのです。 動物園、かなり混んでいて人気の高さがうかがえました。 
20151031c

最後にオリから出てきた「うさぽん」です。 ポストには目ざとく反応。 大人気のパンダ焼きを頬張ってパチリ!
今日は肌寒い1日でした。
20151031d

スポンサーサイト

干支ポスト型カード新登場!

2015.10.30.23:47

皆さま こんばんは♪

ポスト型の新作が発売になりますね。
初めての「干支」シリーズ。 「さる」から始まるということは、これから、毎年1つずつ集めていけるわけですね。
とり、いぬ、い、ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、 と続いていくわけですが、いや~、一回りする前に、「う」あたりのところで、悠々自適生活に入るのかと思うと、感慨深いわ~。
20151030b

しかし、「う」といえば、もう今年出てしまいますね。 うさぽん、もう、引退???
20151030a

さて、エッフェル塔シリーズの続きをご紹介。
これはまた、華々しいというか、はではでしいというか、なんとも賑やかなエッフェル塔です。
20151030c

ところで、2016フランスの飛行機が1日前倒しになりましたが、これから先、あと何回前倒しになって、どんだけ旅行日程が長くなるんでしょう・・などと、はたっちさんから面白すぎるコメントいただき大笑いしてしまいました。
何日前倒しになろうとも、このメンバー、全く動じることもなく、全てを受け入れそうな勢いです。どんな旅になることやら。想像もつきません。

2016フランス フライトキャンセルの巻き

2015.10.29.22:36

皆さま こんばんは♪

今日は朝からREDIAさん、大騒ぎ。なんと、驚くほど早く予約した来年のパリ行きのフライトが欠航扱いとなり、自動的に前日の夜のフライトが割り振られておりました。 気が早すぎるとこんなこともあるんですね。よりによって・・・。
そんなわけで、朝出発して昼過ぎにつくはずが、一昨年と同じスケジュール。つまり、早朝驚くほど早くついて、仮眠も許されず、その日のプランを狭いベッドの上でたてた思い出がよみがえります。
苛酷な旅が今から約束されており、なんとも、心躍るうさぽんでした。 REDIAさんは大喜びです・・・。

さてさて、途中になっておりました、夏パリの戦利品ポストカードを細々とご紹介するシリーズを再開致しましょう。
こちらは、忘れもしない。帰国前夜、最後の晩餐から戻り、パッキングに追われる中、REDIAさんがポストカード品評会を開いた際に、「1枚お好きなものをどうぞ」などと、天使のようなお話をいただき、うさぽんが、即決した1枚です。
みほっちさんは、相当悩んでおられましたね。二転三転、さらに戻って、それから七転び八起きみたいな感じでした(???)
来年も素敵なカードをゲットしたいですね。もちろん、アンティークもバリバリの新品も!
20151029a

晴れ女旅行記 その7 「萩」最終日となりました♪

2015.10.28.21:42

皆さま こんばんは♪

さて、楽しかった萩・津和野旅行も、残すところ1日となりました。
くだんの美しすぎる橋を朝から堪能。ホテルから歩いて行ける距離なので、恒例となった早朝散歩。
ホント、美しすぎませんか。この風景!マイアミかと思いました・・。
20151028c

そして、チェックアウトしてから、車で橋を渡ります。 おぉ~!!
20151028a

昨晩、ライトアップ灯台を見学しましたが、今日はこの灯台に上ります。灯台って、日本全国津々浦々相当数あると思いますが、中に入れる灯台ってかなり少なくて15くらいなのです。 角島灯台は、その数少ないうちのひとつで、らせん階段をあがって上からの眺望を見ることができます。 旅先に灯台があれば、たいてい行きますが、中に入れる灯台はホントなかなか出会えません。 先月の佐多岬灯台も、外から見るだけでした。 以前行った沖縄の残波岬灯台は、中に入れました。
20151028b

さて、角島をぐるりと一周した後は、次の島。青海島で観光船に乗ります。
青海島は「海上アルプス」とも呼ばれる雄大な自然を満喫できるところなのです。ぐるりと一周島を巡り、自然が造り出した奇岩・怪石を楽しめるわけです。 船に乗り込む前に、ビールとおつまみゲットするのをお忘れなく!
20151028e

こんな景色が続々と出てきて、1時間半爽やかな潮風を受けながら楽しむことが出来ます。甲板は人数に限りがあるので、お早目に外のいいお席をゲットして下さい。 室内からもガラス窓から見ることが出来ますが、お天気が良ければ外が断然気持ちいいです。
20151028d

さて、観光船を楽しんだ後は、帰りのフライトまで「萩観光第2弾」 というわけで、伊藤博文の生家へ。 銅像があるのですが、なんと、お顔の部分は「萩焼」で出来ていると聞きました。 ほぉ~、なかなかいい味だしています。
20151028f

次は松陰神社へ。こちらに松下村塾ありました。
20151028g

というわけで、2泊3日、お城あり、自然あり、歴史あり、海あり、山あり、そして、和食にフレンチ、十分楽しむことができ、大満足で帰宅致しました。 ストレス解消、リフレッシュ、人生を謳歌する「うさぽん」ですが、会社に行くと一気に疲れが・・・。なので、次の旅行をまたまた心待ちにする日々が続きます。
最後は、空港で一杯。フグのから揚げに枝豆がおつまみ。このセットを注文する人がダントツ多かった夕方の「石見空港」でした。
20151028h

晴れ女旅行記 その6 絶景に驚くなかれ(角島大橋)

2015.10.27.23:54

皆さま こんばんは♪

晴れ女旅行記を小出しにちょろちょろと綴っているうさぽんでございます。
さて、2日目 「秋芳洞」「秋吉台」とまわり、本日のお宿へとドライブを続けてまいります。

お天気に恵まれた今回の旅行、ホテルから夕焼けを楽しむことが出来ました。
20151027a

日がくれれば、この後のお楽しみは本日のディナーでございましょう。
前菜に出てきお皿に、熱々の石が・・。そして、アワビを載せて、じゅじゅ~っと踊っていただきます。踊って石からはみ出しそうになっています。 小さいけど、美味しかった。
20151027b

意外と感動したのが、この「海の果実」というフランスのお塩。本格的ですね~。我が家にも欲しくなりました。
昨日が和食と日本酒だったので、本日はフレンチにスパークリングと赤ワインを楽しみました。
20151027c

お食事のあとは、ホテル主催のプチツアー。 夜の灯台ライトアップへお出かけです。うさぽんは、灯台好きです。
夜の灯台は、なかなかいけるものではないので、嬉しい! 灯台の光の強さ(光度)を表す単位を「カンデラ」というのですが、ここ角島灯台は、67万カンデラ。 結構大きな数値です。ちなみに日本で一番の光度の灯台は、五島列島の大瀬崎灯台で200万カンデラ。光度と、光が届く距離(光達距離)というのは、異なるらしく、光達距離日本一は室戸岬灯台なのです。26.5海里(49キロ)
20151027d

さて、朝が来ましてお部屋のベランダからの眺めがこちら。 目の前に広がるこの橋は、角島大橋(つのしま)といって、今回、この橋をみたくて、萩・津和野に来たようなものなのです。松陰先生のためではないのです。うさぽんは、大の橋好き!
20151027e

で、この橋がどれほどスゴイのかというと、もう絶景も絶景。
海の色が、こんな綺麗でいいわけですか~。 ここが山口県だとはとても思えないです。REDIAさんには「全く興味なし」と言い切られてしまうのでしょうか。ううう。こんなに美しいのに。。。
20151027f

晴れ女旅行記 その5 日本最大級の鍾乳洞へ

2015.10.26.22:48

皆さま こんばんは♪ 秋も深まってまいりましたね。

アラン先生の行きたい日本の旅先は、安芸の宮島と、四国のお遍路巡りなのですが、うさぽんは、11月に宮島旅行予約完了致しました。 一人旅ならば、アラン先生をお誘いするところですが、旦那といっしょなので、お誘いするのもなんですので、アラン先生のことは、REDIAさんにお任せ致しましょう。

さて、途中になっております、晴れ女旅行記続きを綴ってまいります。
萩焼に心奪われ、時間をとってしまいましたので、松陰神社は最後の日に回すことにして、行程を進めていくことになりました。
今日は、このあと、秋芳洞と秋吉台を観光して、お目当てのひとつである、角島大橋が見渡せるお宿にお泊りの予定でございます。

秋芳洞は、日本最大級の鍾乳洞です。 入口はこんな感じで、洞窟の中へと入っていきます。
20151026a

百枚皿、千枚皿、どっちだったかしら。 いずれにしても、お皿のような形が連なっています。自然に出来たものだなんて不思議です。
20151026b

地面近くのぼぉ~っと明るいところに人がいますので、どれだけ天井が高い空間が広がっているのか、規模の大きさがわかっていただけると思います。 ところどころ、ライトアップされているとは言え、真っ暗なので怖いですよ~。
20151026c

秋芳洞の上は、秋吉台です。先月行った四国カルストよりも規模が大きいのです。
20151026d

天気も良くて最高です。
20151026e

さて、この後、本日のお宿までドライブは続きます。

もこもこの紅葉♪

2015.10.25.22:43

皆さま こんばんは♪

寛ぎの週末が瞬く間に過ぎ去ろうとしております。
昨日は、皆さまも色々なイベントで大忙しだったようですが、自然派うさぽんは、変わり種の紅葉を楽しんでまいりました。
ここは、初夏は初夏で、空と丘と海が一体化した「ネモフィラ」の丘が大人気ですが、秋は秋で真っ赤に萌える「もこもこ」が
本当にユニーク。 この丘にこれを植えようと思った人は、本当にすごい!
20151025C

人もわんさか繰り出していて、大賑わい。 外国人がものすごく多くてびっくり。中国人、韓国人はもちろん、インド人もびっくり。
20151025A

以前、庭に植えていたこともありますが、夏は緑が綺麗で、秋には赤く紅葉してましたね。「ほうき草」って言ってましたが、「コキア」というのが正式名称だとか。
20151025B

コスモスも満開でした。 もちろん、芝生でビールをぐびっと飲みました。
20151025D

ひたち海浜公園はこちらをクリック

晴れ女旅行記 その4 萩焼きにうっとり♪

2015.10.24.19:37

皆さま こんばんは♪

萩旅行記の続きを綴ってまいりましょう。
萩城散策のあとは、付近にある「萩焼き」のお店をいくつか見て回りました。 萩焼といえば、薄いベージュのような淡い優しい色合いが多いのですが、珍しい色合いのとっても素敵な作品を見つけて、嬉しくなって即ゲット致しました。
20151024-9


20151024-7

中を見ると、阿蘇山の噴火口の色みたいな「薄い青」がとても綺麗なのです。とっても素敵です。
今日はこのカップで美味しいお茶を楽しみました!
20151024-8

お洒落なお店や大きなショップもある中、こんな小さな、古ぶるしく見えるお店なのですが、意外や意外、いい品揃えでございました。
20151024-10

なんとネコ好きのうちの主人は、こんな「にゃんこ」の作品に一目惚れして、購入しておりました。
20151024-4

置物かと思いきや、ひっくり返すとあらあら、マグカップでございました。 お買い物って楽しいですね~。
20151024-5 20151024-6
 

アラン先生との再会♪アミからプチタミ昇格なるか?

2015.10.24.18:52

皆さま こんばんは♪ 暖かい秋の休日 それぞれのガツガツ派、のんびり派で 楽しい休日をお過ごしのことと思います。

晴れ女旅日誌、途中ではありますが、まずは昨日のアラン先生との再会報告から。
恵比寿駅で待ち合わせして、アラン先生を待つこと数分。 全く似ても似つかぬ、しかし「外人」という共通項だけの「若い男性」を「あ、アラン」とREDIAさんは人違い。 そして、みほっちさんと、うさぽんは、フランス語のそれぞれの挨拶の言葉をたたき込まれたのですが、けらーじゅあべぶ以外、覚えられないうさぽんは、「ら・さ・ろんとん」(←これだったかも不明) みほっちさんは、「あんしゃんて」を念仏のように唱えるも、実際は使えず。 仕方ないので、「けらーじゅあべぶ」を使いましたところ、「xxxどぅ」と答えていただけました。

わきあいあいと、乾杯。そして、やっぱり、みほっちさんのオバQスマイル健在ですね。
20151024-1

去年のパリでは、REDIAさんがアラン先生とのツーショット写真は、恥ずかしがりで「直立不動」だったと話たところ、さすが、アラン先生、REDIAさんの肩を抱いてのツーショット♪うふ、男らしいわ。 だけど、REDIAさんとアラン先生は、全くひとつも趣味があわないから、アミ以上には昇格できない運命なのです。(アラン先生談) でも、今回初めて「自然よりも街好き」という共通項が見つかったので、この先何が起きるか人生わかりませんね。
20151024-3

しかし、みほっちさんとも、アラン先生は気があって、宮島旅行の約束も成立しそうでしたし??、くまっちさんが「独身」だと知って驚いていたので、ライバルが2名も登場してしまい、REDIAさんがメラメラされておりました。
楽しいひとときは、あっという間に過ぎていきました。


晴れ女旅行記 萩 その3

2015.10.22.21:40

皆さま こんばんは♪
今日はかつての仕事仲間、今や「セレブママ」している友人と久々にランチを楽しめてとっても嬉しい1日。
そして、来年のパリに向け、くまっちさん、ももっちさんの会社の休日カレンダーの発表日。うううう、もももも~、くくくく~、と、休みがちょいと少ないんじゃないの?という残念さだったのですが、弾丸も視野に入れ、計画が一段と加速しそうな勢いでございます。

そんなこんなで、今日は「パエリアに泡」などという贅沢ディナーを楽しみ、ニースを思い出しておりました。(ボッカチオ~♪)

さて、のんびり萩旅。REDIAさんの好み真逆の楽しみかたをしておりますが、朝は、萩の旧市街ともいえる、歴史的景観が残る地区へのミニツアーに参加。(お宿が無料で連れて行ってくれるサービスでした)

萩の街は、400年の歴史が街のそこここに感じられる由緒正しき古都。日本一古い長屋とか、日本一長い古い塀の続くところだったり、とにかく日本一の名がつく歴史的景観が、街中に溢れているのです。
20151022c

20151022d

あらあら、ポスクロはさぼっていても、ポストを見ると反応してしまう、ううう、う・さぽんなのでした。
20151022b

「なんと皆さん!」を連発して面白可笑しく萩の街を案内して下さった、旅館の会長さん、相当ご高齢と思いますが、お元気に毎日ミニツアーのガイドさんをして下さっているそうですが、生粋の「歴史オタク」なのだと思われます。なんせ、400年の歴史ですから、何百年も生きている仙人のような「おじいさん」にこそ、ぴったりなお仕事なのだとか。まぁ、なかなか楽しい朝のプチツアーでございました。
20151022a

そして、この後は、我が家メインの百名城探訪 「萩城」 そして、お堀端の舟下りへGOでございます。

舟下りは、人が集まると出発するらしく、もう一組のご夫婦と乗り合いで、4人集まったので出発となりました。
20151022e

風情ある眺めと、あまりの青空に うきうき感も最高潮。  ここで、ごいっしょしたご夫婦が、なんとあの豪華客船(パシフィックビーナスだと判明)で、萩に寄港し、萩観光を楽しんでいるということがわかったのです。おぉ~、羨ましい。どうやら、9泊10日で日本を巡っている旅とのこと。 あ~、絶対にいつかは参加しなければ、と心に誓ううさぽんなのでした。
20151022f

次はお待ちかねの100名城、萩城址となります。 もちろん、城址・・・つまり、天守閣はございません。
20151022g

しかし、城を愛する者は、石垣を愛するもの多し。そうゆう、うさぽんも 石垣見ると、うっとりしてしまうクチなのです。
20151022h

朝から盛りだくさんの1日が始まっております。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

usapon00

Author:usapon00
FC2ブログへようこそ!
ある日突然、郵趣ワールドにはまった「うさぽん」です。風景印、フォルムカードに始まり、ポスクロ、海外ポストカード、アンティークポストカードと、かなりオタクな世界に浸っております。お洒落なフランスポストカードが欲しくて、2014年フランス旅に行ったら、今度はフランスに夢中に。なんせ、昔から惚れっぽかったのです。2015年、2016年、2017年とフランスへ行き、今はひそかに2018年のフランス旅を妄想中。世の中楽しいことがいっぱい。気ままなブログですが、ひと時楽しい時間を共有致しましょう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR