[5]ジベルニー対決♪♪

2014.07.29.01:24

皆さま こんばんは!

パリ3日目の続きをさっそく♪
モンパルナス墓地を満喫?した3人組熟女は、この後ジベルニーツアーに参加するためメトロで移動。
ランチは由緒正しい老舗カフェではなく今度は街中の大衆カフェのような賑わいのあるお店。
フランス風サンドイッチに、ビールのカクテルのような甘い飲み物を注文→うさぽん的には大失敗。ぐびっといける本格派ビールにすれば良かった~。
さて、ランチ後にジベルニーを目指しましたが「ざんざん振り」の中、一喜一憂しながらハイウェイをバスは北に向かって走ります。到着するころには、雨がやみ雲もきれてくる奇跡の逆転勝利のような天候に!
20140713x

20140713z

20140713w
わざわざモネはアトリエのためにお庭に水路をひくなど大がかりなことをしました。この庭があったからこそ、あの数々の「睡蓮」は生まれたのでしょうね。後日ジベルニーの復習でオランジェリー美術館に行き「睡蓮の間」を堪能して参りました。 さぁ、お庭を回るうちにこんな青空に!この住居のほうにはモネが集めた浮世絵が沢山。お部屋もとても可愛い色合いで楽しい空間なのです!
20140713s
このジベルニー、REDIAさんも初めてで楽しみにしていたようですが、全く感想がなく無言。どうしたことかと思っていたところ、後で「日本の浜松にあるフラワーパーク」のほうがずっと本格的にジベルニーを真似して素敵だった」とのコメントあり。う~ん、そうだったのね。うさぽんは「お庭好き」なので色々な庭園や植物園に行ってますが、確かに日本には素敵なところが結構あります。
ジベルニーと言えば、四国を旅行中 高知県に「北川村モネの庭マルモッタン」という庭園があることを知りました。行ってみたかったけれど天気が悪く、ちょっと遠かったので次回にと諦めたのですが、フランス本場ジベルニーとどちらが素敵か比べてみたいな・・と思っています。
さて、そんな感じで「わぉ~」という驚きはなかったのですが、あの巨匠モネが晩年ここで素晴らしい世界をキャンバスに残していたのかと思うと灌漑深いものがありました。
帰りのバスでは爆睡する人多数。そして夜は夜で3人組はこれまたイベントが入っており、まずはホテルに帰ってカップヌードルとREDIAさんがスーパーで調達してくれた「酒のつまみ系」数点と極旨ビールで一休み→「にんじんしりしり」だとみほっちさんが騒いでました。そして夜のために着替えをしてキャバレーへと繰り出したのでした。奇しくもこの日はサッカーの決勝戦なのか道すがら街中のレストラン、カフェなどいたるところで観戦の興奮や嬌声が!
20110713t 20110713q
さて、お目当てのキャバレー。パラディラタン!ここは踊り子さんの歌とダンスがご自慢のキャバレーなのですが、この充実した1日の最後にこんな予定を組んでいるので、踊り子さんを見ながら「こっくりこっくり」・・・寝ちゃいけないと思っては歯を食いしばって目を見開いて・・・でも「こっくりこっくり」みたいなまるで「拷問」のような時間をひたすら過ごした3人なのです。この後ホテルに帰ったからと言って、ぐっすり寝れない人もいました。→もちろん仮眠のあとの郵趣活動するあの方の名は・・・REDIAさん・・・。

スポンサーサイト

[4]3日目のパリは、なんと「キスマーク」に「接吻」 

2014.07.26.18:45

皆さま こんにちは! 日本の夏、暑すぎる~。暑い夏にはスイカがぴったり♪

今日はパリ滞在3日目を朝から辿ってみましょう。
みほっちさん合流で、やはり「雨」 みほっちさんは相当な雨女です。朝からザーザー降りの雨でございます。
ところで私たちのパリ滞在ホテルは「モンパルナス地区」 ヴァヴァン交差点には4つの有名な老舗カフェがあります。
ル・ドーム、ラ・ロトンド、ラ・クーポール、ル・セレクト、ここは第二次世界大戦勃発までの40年間、モディリアニ、シャガールらが芸術談義をしサティ、ヘミングウェイ、藤田嗣治らが思い思いの時を過ごした場所だそうです。
大雨だったので、テラス席には座れなかったので、後日外から写真をぱちり。
20140713e
外から見たら、良くあるカフェと同じなのですが、2階を見てびっくり。
往年の芸術家たちの賑わいをうかがわせるとっても素敵なつくりなのです。
さて、何談議をいたしましょう。郵趣談議なんかも面白いかも?
絞りたてオレンジジュースと、クロワッサン、フランスパンとココア。すでに3度目のカフェ、やっぱりパンが美味しい!

20140713a

さて、雨の中訪れたのは「モンパルナス墓地」
ここには数々の有名人が眠っています。こちらは、サルトルとボーヴォワールのお墓。
キスマークがたくさんついているのが見えますかしら。やけに大きな唇もありますね。どなた??
20140713b
こちらはREDIAさんによれば有名な歌手ゲンズブールのお墓。花が絶えず人気がうかがえますね
20140713c
お墓めぐりも結構楽しいものです。
アラン先生がブランクーシの「接吻」は必見と教えてくれました。雨の中の「接吻」なかなか乙なものでした。
日本人の血をひく彫刻家イサム・ノグチはパリでブランクーシの助手をしていたことがあるんだそうです。
ブランクーシはロダンの弟子だった!芸術家たち、思わぬところで繋がっています。そして私は、イサム・ノグチの灯りシリーズの提灯ライトがとても好きです!
20140713d

さて、この後はモネが晩年アトリエとして過ごしたジベルニーに行くのですが、雨は激しくなるばかり。
どうやることやら、お楽しみに!



[3]真夏の世の夢 Château de Vaux-le-Vicomte

2014.07.26.00:01

さてさて、昨日の続きを・・・。

中央郵便局の後は、日本のガイドブックに「素敵な郵便グッズ」のお店として紹介されていたメロディグラフィーク。セーヌ河沿いにでて、河沿いの散歩も楽しみました。いくつもの素敵な橋を眺め、河沿いに出店を出している古本屋さんをひやかしながら目当てのお店へ。ここは、由緒正しい「紙」製品を扱っている感じで、残念ながら二人の目指すポストカード屋さんではありませんでした。
20140712i
歩き疲れたこともありお洒落なレストランやカフェが並んでいるので、どこかに入りましょうと見つけたお店へ。お天気が漸く回復して晴れ間がのぞいてきたので、外のテラスにて!お腹はあまり空いてなかったので前菜とお魚料理を二人でシェアし私は冷えたシャブリを。このワインがことのほか美味しかったのです。
20140712k

20140712j
疲れも癒え、次に目指すは「ヴォージュ広場」こちらはアンリ4世の命で作られ1612年に完成。パリで一番美しい広場と言われているとか。広場を囲む建物の1階部分にはアーケード付の回廊となっていてレストランやショップが入っています。ここの広場でしばしゆっくりしてから、またまた徒歩によるお散歩は続き、ついにバスチーユまで!
バスチーユにあった牢獄襲撃がフランス革命の発端となった歴史的大事件。革命記念日=パリ祭まさに私たちが数日後に過ごす1日なのです。
20140712l20140712m

さぁ、朝から盛りだくさんの1日はまだまだ続きます。今日は夕方「みほっちさん」が合流するのですが、旅慣れたみほっちさんは一人で大丈夫ということで二人はパリ郊外のヴォー・ル・ビコント城「Château de Vaux-le-Vicomte」のキャンドルナイトに出かけます。夏の土曜日の夜だけ開催しているというこの催し、ちょっとロマンチックで是非行きたいと思っていたもの。
このお城は、17世紀のバロック様式の傑作と言われていて、時の宰相ニコラス・フーケが自宅として一流の建築家ル・ヴォー、画家ル・ブラン、造園家ル・ノートルを招いて建設したもの。この豪華すぎる素晴らしいお城に嫉妬したルイ14世はフーケを陥れ彼の一家は没落してしまうという悲しい歴史も気になるところ。ルイ14世はこの後、同じメンバー(建築家ら)を招きこのお城を模してベルサイユを建造したというお話なのです。それほど嫉妬させてしまったのですね。
20140712n
そんなこんなの興味深い説明をじっくり聞いている間に日が暮れて参りました。
20140712o
夜11時過ぎ真っ暗になった夜空に大輪の花火が! 真夏の世の夢といった世界でございます。
帰りのバスで爆睡したのはいう間でもなくホテルについたのは夜中の1時。化粧も落とした「みほっち」さんが眠そうな顔で迎えてくれました。 旅の初めから充実しまくりの長い長い1日となりました。思い出すだけでも素晴らしい旅です。
20140712p

[2]パリ2日目!盛りだくさんな1日が始まる・・・

2014.07.25.01:28

皆さま こんばんは! いや~ 日本の夏って本当に蒸し暑いですね。 

さて、今日はパリ2日目を思い出してみたいと思います。
この日の朝は、たしか前日購入した「カヌレ」と「紅茶」をホテルの部屋でプチ朝食の変わりにしてさくっと食べてから、割と早めに出かけた記憶があります。 メトロにてモンマルトル方面へ。ここのメトロ出口は要注意。REDIAさんに案内いただいたところ激しく何百段もの階段を上ることになりました。(笑)きっとエレベーターがどこかにあるはずですよね!
そしてフェニキュレールとかいうゴンドラみたいな乗り物で更に上をめざし、ついたところ おぉ~サクレクール寺院です。ここの広場からパリ市街の街並みが綺麗に見下ろせます。が、この日はあいにくの曇天!昨日に続き肌寒さも残る1日です。
20140712a
モンマルトルは坂道と階段ばかりの丘の街です。もちろん階段と言えばユトリロの絵に描かれているあれです。そして可愛いショップが並ぶ小道があったり、広場では絵描きさんが何人もキャンパスを広げていて「似顔絵」を描いてくれたりします。
お土産物屋さんでは、パリの有名観光地の写真ポストカードもたっぷり。もちろん、買い漁ったのはいう間でもありません。
小道にある可愛いお店はこんな感じ。
20140712b
20140712c
2階の窓には「うさぽん」の絵が・・・!ここは有名なシャンソニエ「オ・ラパン・アジル」ユトリロ・ピカソ・モジリアニらが常連だったという歴史あるこのお店、今回は外観を見るだけでしたが、是非行ってみたいですね。
20140712d
さて我ら二人組は、足早にこれらの小道を行き来して写真をぱちぱちとりながら、次の目的地へ。(また郵趣に戻ります)
パリには素敵なパッサージュがたくさんあります。アーケード商店街みたいなものですが、日本のアーケードを想像したらいけません。あの古き良き素晴らしき建造物の中に歴史溢れるお洒落な雰囲気でショップが軒を連ねております。タイルや天井を見ても、ひとつひとつのお店の作りを見てもため息がでる美しさです。昭和レトロは古びた感じなのに、パリレトロはお洒落そのもの。
20140712e 20140712f 20140712g
パノラマとヴィヴィアンヌというパサージュに行きましたが、あいにく土曜日でお目当ての「フィラテリスト(切手商)」はお休みでした。ランチをしようにも12時からオープンで準備中だったので雰囲気だけ堪能し、またまた名もなきカフェで即席ランチを軽くとり次に目指すはパリ中央郵便局!! 
名もなきカフェですが、パリのカフェはどこでもクロワッサンとパンが美味しいです。ショコラ(ココア)もいい感じ。
20140712h
わぉ~!こちらの切手窓口は何人かが並んでいて、やっと順番が回ってきてREDIAさんが60枚の切手を購入。そこでお昼の時間となり締切宣告。「えぇ~、私も買いたいんですけど・・・」という顔つきをしたら、親切に対応をしていただき、私が切手シートなども買ったりしてそこで、係員の人はランチへ行かれたのでした。
パリ中央郵便局といっても、大々的に切手を販売しているわけでもなく、普通な感じでしたね。やはり東京中央郵便局のお土産コーナーは郵便好きな観光客にはたまらないものだと思われます。

さてさて、ここでようやく12時過ぎくらいなので、この日はまだまだこの後が真夜中までたっぷりございますが、まずはこのへんにて休憩いたしましょう。


[1]パリで何やってんの的な1日のご紹介

2014.07.24.00:37

今年最大のビッグイベント「フランス女子旅&郵趣」が終わってしまった~!!!

さて、1日目から順を追って「思い出語り」をして参りましょう。
7月10日(木)羽田発夜便にて出発。パリ着は翌日早朝3時過ぎ、驚くほど涼しく(寒い)なんと大雨。
ホテルに到着後、部屋に入るも「睡眠」は許されず当日のプランを練って朝を待つ!みほっちさんが合流するまでの2日間、思う存分郵趣活動するのが楽しみな二人は、パリ郵便局直営のショップへGo!雨はあがり厚い曇に覆われたパリ。メトロに乗り合わせた人々は冬のコートを着ている人も・・・!さて開店を待つカフェでは郵便局の黄色い車に興奮!
20140711a
さてこの「LE CARRE d'ENCRE」 ルカレダンクル なかなか素敵なセンス溢れるショップなのです。しかも裏にはマニアも集まる「切手ショップ」を併設しており、初日印などを押すコーナーがあり「お仲間」は国が違っても同じ匂いが致しました。偶然にも訪れた日「初日印」に並ぶ怪しげなパリ市民に遭遇し、私たちもゲットできました~!
20140711b
さて、初回からパワー全開のREDIAさんは、ここでどんだけポストカードを購入したことでしょう。
まだまだ飽き足らないふたりは二軒目のお店を目指しオペラ座界隈へ。ここの品ぞろえもなかなか見応えばっちりです。
20140711c
このあとREDIAさん希望のお洒落レストランで優雅なランチのはずが、行ってみると「予約でいっぱい」まさかの玉砕。しかしそれが功を奏し、空腹も感じない二人は次のショップへGO!
ここは日本に輸入されている有名なカルトダール。所狭しとカードがずらり、しかもソルド(バーゲン)ときており、またまた二人は大興奮。よくぞパリまで来て貴重な1日にこんなことやっているものだと我ながら感心致します。
20140711d
さてさて、ポストカードグッズに大満足な二人!その後はREDIAさんの必須アイテムである恒例のヴィトン祭り。というわけで、サンジェルマンデプレ教会前のショップへ。ショップに入るなりいきなり「これ下さい(もちろんフランス語)」と注文したのには驚きました。お会計までの待ち時間にショップのイケメンがついにはシャンパンを振舞って下さるという素晴らしい出来事までありにんまり顔の二人でございます。なんて素晴らしいヴィトン~!!
あれ?今日って私たち何も食べてないんでしたっけ? この後、ホテルに戻る道すがらエリックカイザー(日本のパン屋さんメゾンカイザーのこと)でフランス風サンドイッチやカヌレなど購入しホテルにていただきました。(すごく遅いお昼たぶん16時頃かしら)
20140711F

そのあとは、REDIAさんのかつてのお師匠さん(フランス語の先生)アモーレアランとの再会で、ムール貝やカキなどお魚料理のお店にて、1日の疲れを癒しながら楽しいひとときを過ごしたのでした。ホテル戻りは11時頃だったかと。
無事1日が終了。しかし、これってパリ滞在記とは全く思えないオタクな1日なので、自分で書いていて困っちゃう感じ・・・。
2日目以降にご期待下さいませ。

うさぽんのエッフェル塔体操大公開♪

2014.07.21.20:08

皆さま ボンソワール♪
昨日、豪雨で羽田空港閉鎖の中、パリからの飛行機なんとか着陸致しました。閉鎖解除まで1時間ほど飛行機に閉じ込められましたが、その後は家まで直行みたいなサンシャイン行リムジンバスにて帰宅。
ブラボーフランス♪最高に豪快でお楽しみテンコ盛り、ノリノリの女子旅 楽しかったです。これもそれも全て右に出る者はいないほどの「フランス通」「完璧事前準備主義」「最大級の欲張り女子」REDIA様のお蔭でしょう。
過酷なこの旅がどんな風に過ぎていったかは、これからゆっくりと時間をかけてアップしていきたいと思います。
なんと撮った写真の数は1400枚。しかし駄作が多い!しかも「みほっちさん」に撮ってもらった写真の8割はズームアップ写真ばかりで公開不能なほどのおぞましさ。たぶん「みほっちさん」はアップ写真に耐えうる美顔なので「おばさん顔」の悩みがわからないのだろうと推測。REDIAさんが、「豆粒」みたいな写真を撮るよう常に指示していたのが頷ける・・・。
1400枚をパソコンに取り込む操作をしたところ、なんと1枚だけよりによって「うさぽん」のエッフェル塔驚き写真が自動生成されましたので、思い切って公開致しましょう。以前、雪が突然降ったポストカードのニューバージョンに違いありません。
「うさぽんのエッフェル塔体操!」

20140721

旅行を盛り上げて下さったREDIAさま、みほっちさま、どうもありがとうございました。
そして、休暇中会社で奮闘いただいた、ぶちょお、ハワイ大好きさん、はたっちさん、いわっちさん、その他多くの皆さまありがとうございました。本日、1000通を超えるメールを読みながら、色々あっても皆さんで対応していただけており、安心致しました。REDIAさんのお蔭で、ボロボロ状態ではありますが、明日から復帰致しますのでよろしくお願い致します。

旅の準備ができない~!焦るけど「かわいいにゃんこ」ゲットです!

2014.07.08.01:58

皆さま こんばんは!
わたくし大変焦っております。海外旅行が初めてってわけじゃないのに、旅の準備ができないのですよ~。
何を着ようかと洋服選びに四苦八苦。REDIAさんが「ドレスプラン」などと言って、人を焦らせるのです。
よくよくどんな「ドレス」をお召しになるのか聞けば、「会社のかっこと同じ」だとか→つまり公私混同ってやつですか~!!

しかも今日パリの気候をチェックしたら、結構寒い。朝からずっと雨で最高気温が19度~!!!
朝晩はトレンチコートを着たって!!どんだけ寒いんでしょう。これを読んで、スーツケースはまたまた入れ替え合戦!
しかし、夏だよね~。と思い直してまた入れ替え! これじゃ何時になっても終わりませんわ。

今日、デパートで旅で必要なものでも・・・とのぞいたら 持っているのに「サングラス」なんかを新調してしまいました!!!私大昔に夏の花火大会デートをするんで「ゆかた」を探しに行って、おもわず「着物」を進められて衝動買いしてしまった経験の持ち主。全く関係ないものをつい買ってしまう性質があるようです。気を付けないとパリでREDIAさんにそそのかされて「怖いもの」をついつい仕入れてしまいそう。

というわけで、しばらくブログもお休みになります。いまだにスマホ持っていないので海外でアップなんて高度な技は使えない昭和な女です。(最近じゃ昭和の女も進んでいるので、明治な女って感覚かしら)

さて、こんな大慌てでもポスクロ活動だけはこなしています。(現実逃避か義務感か・・・)
わーい!新しいEremenkoのにゃんこゲットです!嬉しい
20140707



パリ祭の花火をモンパルナスタワーで見よう!

2014.07.05.20:42

皆さま こんばんは!
今日、JALからパリ行き5日前のお知らせが来ました。気づけばパリはすぐそこまで来ています。

REDIAさま パリ祭の日の花火を見るおすすめスポットのひとつにモンパルナスタワーが載っています!
当日はあらゆるところが大混雑。メトロも制限があるらしく、夜にホテル近くに戻り、タワーからの観賞もよろしいかと。
詳しくはこちらにてチェック→パリ祭の楽しみ方

20140705a


トキ! JPローソン万代シティ限定♪

2014.07.05.01:25

皆さま お疲れ様でした~♪ 恒例(高齢?)の月初祭り!!
あと何回「月初祭り」を迎えるのかしら~ 1か月が過ぎるのが本当に早くて驚くばかりですが(このフレーズ最近毎回言ってますね→ボケかしら)、気づくと次の月初祭りが訪れる今日この頃。 「月初」を楽しむために、「月初祭り」の横断幕でも飾ると楽しさ倍増?ハワイ大好きさんの得意のハワイアンキルトで手作りとか素敵そうですけど如何かしら。

さて熱中しているポスクロは、531日経過中で、356通が世界中に届いております。飽きっぽい私としては我ながら「よく続いているものだ」とブログ更新とともに自画自賛しているのですが、この世界ではまだまだ「ひよっこ」でございます。

ところで、こんなの見つけました。
20140704a
JPローソン万代シティ限定のポストカード!! 新潟には「ぶちょお」と「はたっちさん」が旅に出られると小耳にはさみましたが!!! ポスト型の絵入りカードは収集必須アイテム♪♪ 今回の「トキ」はちょっと可愛さに欠けるものの、集めないわけには参りません。

どっちのLALI派?

2014.07.03.23:03

皆さま こんばんは! 最近のLALIカード、なんだか傾向が違ってきているのが気になるところ。
同じようなもの勢ぞろいシリーズ?この前は「指紋」みたいなものをご紹介したら、はたっちさんが難色を示されておられました。今日のこれは、ペンキの缶勢ぞろい。
20140703a

うさぽんとしては、なぞなぞシリーズのほうが好きです~。パリの現場でLALIの調査してまいります。
この前パリに遊びに行ったポス友に送ってもらったLALIはこちら。やっぱり、なぞなぞが可愛いです
20140703b
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

usapon00

Author:usapon00
FC2ブログへようこそ!
ある日突然、郵趣ワールドにはまった「うさぽん」です。風景印、フォルムカードに始まり、ポスクロ、海外ポストカード、アンティークポストカードと、かなりオタクな世界に浸っております。お洒落なフランスポストカードが欲しくて、2014年フランス旅に行ったら、今度はフランスに夢中に。なんせ、昔から惚れっぽかったのです。2015年、2016年、2017年とフランスへ行き、今はひそかに2018年のフランス旅を妄想中。世の中楽しいことがいっぱい。気ままなブログですが、ひと時楽しい時間を共有致しましょう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR